Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから3年

東日本大震災から今日で丸3年になるんですね。
---

自分も一応、被災地と呼ばれる地域の住人でして。

直接的な被害は少なかったものの、自宅が配水経路の一番末端地区にあるため
当時は丸1ヶ月間、水道が使えない生活を送る羽目となりました。

といっても辺鄙な土地ではなくて地方都市の中心部にほど近い住宅地なんですけどね。
ちょうど区切りにあたる部分なようで。

市内各所で水道管に大きな被害が出た中、根本から管を掘り起こして
破損がないか逐一チェックしていくという対処法だったらしく、
作業にあたる人材の不足や余震などの影響も重なっての長期断水でした。

その間、毎日朝方にやってくる給水車からバケツ何杯かの水をもらって
それで生活していたわけです。

後半は自衛隊が別途、給水車を用意してくれたり、ペットボトルの水もだいぶ
入手しやすくなって楽になりましたが、最初の頃は水はとにかく食事優先で
トイレすら流せない状態。一度詰まらせてしまって、えらい目に遭ったことも。

お年寄りが多い郊外の住宅地なのに出張入浴場の類はこちらまでは来てくれず。

少ない水でタオルを絞って身体を拭いてしのいでいましたが、
この震災がもう2、3ヶ月後に起きていたとしたらトイレの件も含めて
衛生面であれこれ支障が出ていたかもしれませんね。

4月に入って水道が復旧してようやく落ち着けるかと思ったのも束の間、
その数日後に起きた大きな余震でまた水が止まってしまったなんてこともありました。
いえ、こちらはすぐに回復してくれて胸をなで下ろしましたが。

---

当時、これらの様子をここに書こうかとも考えたんですが、
不幸自慢のようになってしまうのは嫌でしたし、
大きな被害に遭われた方々と比べたら自分の苦労は苦労のうちに入らないであろうこと、
亡くなられた方が大勢いること、原発事故で深刻な状況が続いていたこと
(こちらはある意味、今でも深刻なわけですか) などから思いとどまった記憶があります。

---

このブログは気分でやっていますから、せかつよのときのように
定期的に更新できるネタがなければ月2、3回書くか書かないかというレベルですが、
当面、やめるつもりも放置するつもりもありません。

ただ、上記のようにプライベートでなんらかの問題に巻き込まれると
数ヶ月~1年単位で更新が止まることもありますので
今後も気長におつきあいいただけると助かります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。